アルバイトと一口に言ってもいろいろな種類がありますが、大まかに「長期」と「短期」の2つに分けることができます。

長期と短期、それぞれのアルバイトのメリット

アルバイトの特徴について アルバイトと一口に言ってもいろいろな種類がありますが、大まかに「長期」と「短期」の2つに分けることができます。定義としては、3ヶ月以上の期間に渡って働く場合を長期と言い、それ未満の期間については短期と言うのが一般的です。

「長期」のアルバイトは、コンビニなどの小売店や飲食店などに多く見られます。メリットとしては、毎月決まった日に給料が貰えるため、収入が安定しているということがまず挙げられます。そして長い期間勤めることができるため、仕事のスキルをじっくりと身につけることができるということもメリットだと言えるでしょう。接客系のアルバイトであれば、接客業の基本的なことを学ぶことができますし、これから目指す職種に近いアルバイトであれば、その職種についての勉強にもなるでしょう。

「短期」アルバイトには、イベントスタッフや、長期休暇を利用したリゾートバイト、そして年末年始の販売などがあります。メリットとしては、給料が比較的高いことや、働いたその日に給料を貰える場合(日払い)も多いことなどが挙げられます。さらに都合の良い日や期間だけを選んで仕事が出来ることや、働く期間が短いため人間関係に煩わされることがないということもメリットだと言えるでしょう。

Copyright (C)2019アルバイトの特徴について.All rights reserved.